いい夢見たいね~

旅先での素敵な出逢いや競馬での一攫千金を夢みるオヤジの独りごと

2017 関屋記念

◎ 6 メートルダール

デビュー以来2000M以下では馬券圏内100%

デムーロも先週落馬した損失を取り返す騎乗を期待

馬連 6-1・11・12・14・15



2017 エルムS

◎ 2 ロンドンタウン

今回は末脚を活かすレースを希望しているということで

人気のテイエムジンソクを差す競馬を願います

馬連 2-1・4・9・10・11

2017ー6・4 鋸山ハイキング

6月になると房総で枇杷狩りができるらしいぞ・・・

そんな情報を得て調べたところ枇杷狩りができるところはあったのですが

受付が前日にならないとできないらしく電話をしたところ

『申し訳ございません、明日は満杯になってしまいました』 とのこと・・・残念!

『枇杷狩りはあきらめて鋸山を下から歩いて登ろう』ということになりました

海ほたるで家からもってきたおにぎりで朝食

1海ほたる 海ほたる駐車場

2朝食


浜金谷の駅に着いたのが9:00、駅の近くにある『商工会館・石の舎』でハイキングマップを入手

3商工会館・石の舎

4鋸山ハイキングマップ

0鋸山登山マップ1


ここで『金谷海浜プール・無料駐車場』を教えてもらいました

5金谷海浜公園プール無料駐車場


9:30駐車場を出発、商工会館の前を通ってハイキングコースの入り口へ

6関東ふれあいの道コース ここから400段の階段です

ここで関東ふれあいの道コースと車力道コースな分かれますが

『階段を登ったほうがいいんじゃない?』というカミさんの提案で

ふれあいコースを登って車力道コースで下ってくるコースに決定、というのも階段を下ってくるのはかなりきついから

7登山道1


8登山道2


9登山道3


10登山道4


11登山道・金谷方面5 登山道から金谷方面

12登山道6


いきなり400段の階段が迫ってきますが思ったより楽に1時間ほどで日本寺の北側入り口に到着

13日本寺入り口


ここからはお寺の敷地内に入るため入山料600円が必要になります

入ってすぐに見られるのが『百尺観音』かつての石切り場に彫られています

14百尺観音 百尺観音

百尺あるのかは定かではありませんが、見上げるほどの高さは圧倒されます

百尺観音から10分ほどで最大の見所『地獄のぞき』に到着

16地獄のぞき

展望台から地獄のぞきを見ると

『なんだか落ちそうで怖いね~』

『ボロッ!とか落ちないのかな~・・・』

なんて言いながら地獄のぞきに近づいていくと行列・・・・・

15のぞき行列 地獄待ちの長い行列

17のぞき2
 反対側から見た地獄のぞき

一度に数人しか行けないので渋滞が発生していました

19あじさい 山道に咲くあじさい

地獄をのぞいたあとは日本寺の大仏までは20分くらい

百尺観音と拮抗する、こちらも31メートルもある巨大な大仏様

18大仏


奈良の大仏が16メートル、鎌倉が13メートルですからかなり大きいですね

大仏から20分くらいで再び百尺観音に戻りさらに20分ほど歩くと石切場の跡に到着

21石切り場2
     人の大きさを見ると石切り場の規模が想像できます

20石切り場からのぞき
      石切り場から見上げる『地獄のぞき』

昭和60年まで採石をしていたというだけあって現場はかなり生々しい感じがでています

その一つが朽ちかけたショベルカー『TOYOTA』の名前がはっきり読み取れます

24機械1

25機械2


そして岩壁には当時の作業員が彫ったのでしょう『安全第一・芳家石材』

22石切り場3

23石切り場4


どんな人がどんな気持ちで彫ったのか・・・想像が膨らむなあ~

石切り場から途中でめげそうになるほど急な階段をしばらく登ると

『地球が丸く見える展望台』に到着

26地球が丸く見える展望台1

27展望台から館山方面の景色 展望台から館山方面の景色

『けっこう厳しい登りだったね、途中で止めたくなったよ』

『でも来てよかった、いい眺め~』とカミさんは元気!

下りは車力道コースを通ってッスタート地点に戻ってきたのが14:40

28合流地点
    スタート地点のに戻ってきました

5時間以上歩きまわって車に戻り

『腹減った~』


『ランチは何かな?』

少し道路が混んでいたので『道の駅・富楽里とみやま』に着いたのは15:00を過ぎていました

カミさんは海鮮丼

30海鮮丼


私はにぎりと天婦羅のセット

29道の駅とみやま・寿司&天婦羅


『さあ帰ろう』と館山道に入ってすぐに渋滞・・・

『すごい混んでるね~』

『海ほたるに入れるかなあ~』


なんて言いながら海ほたるに近づいてくると車が流れるようになり

『故障車が渋滞の原因かよ!』

ということで海ほたるにはスムーズに入場、すでに夕暮れです

31うみほたる夕焼け


『枇杷ソフト食べる?』

『食べる、食べる!』

32びわソフト


枇杷狩りはできなかったけれどお土産に『枇杷ゼリー』

そして最後は『枇杷ソフト』で楽しい鋸山ハイキングになりました。




▽CommentList

2017ー5・3~5 草津志賀高原道路・雪の回廊

5月3日、立山の雪の回廊ほどではないですがマイカーで行ける

そんな魅力的な高原を走る『草津・志賀高原道路』を走りたくて

草津温泉~志賀高原へと行ってきました

草津温泉に行く前にゴールデンウィークといったら『藤』ということで

あしかがフラワーパークへ行くことに

1フラワーパーク入場券


フラワーパークは藤の最盛期に入園料がピークを迎えるのですが

その料金は当日に決まるようです

で、私たちが行ったのはピークだったので1700円

2大藤

3藤


4フジソフトクリーム

たしかに立派な藤棚が見られるのですが、いままでいろいろなところで

それも『無料』で見た藤棚も遜色なく思えて感動は少なかったですね

12:00ごろフラワーパークを出て山道をひたすら走って草津温泉に16:00ごろ到着

西の河原の露天風呂までは駐車場から歩いて行くと思ったより急な坂で時間もかかりました

5西の河原への道


『これ年寄りだとかなりきついね~』

『そうだね~』

草津には何度か来ていますがこの露天風呂に入るのは初めて

『大露天風呂』というだけあって本当に広い露天風呂でした

6西の河原露天風呂


『どうせなら湯畑見に行こう』


7湯畑道標

8湯畑


前回草津に来たときは湯畑の前にある『白旗の湯』など無料で入れる施設にいくつか入りましたが

今回は600円の大露天風呂、出世しましたね~^^

この日の宿は『天狗山ペンション・トーク』

9ペンションTALK 天狗山ペンション トーク

10夕食1
11夕食2 夕食

12夕食3 13夕食4

14ALK室内

14ゆもみ1 14ゆもみ2
ペンションでもらった『ゆもみちゃん』の付箋とティッシュ

15朝食 朝食

草津の湯と美味しい食事でもてなしてくれました

5月4日、ペンションのオーナーから

『今年は雪が多いですよ』という、嬉しい情報をもらって志賀高原を目指します

途中にある白根山の湯釜は入山規制中で駐車場に停まることもできないので

あの美しいスカイブルーのお釜を見ることはできませんでしたが

峠道を上って行くにつれ道路わきの雪が次第に多くなり期待はふくらみます

白根山ロープウェイの駐車場に着いたのがペンションを出てから20分

16白根山ロープウェイ ロープウェイ乗り場

少し休憩してさらに標高をあげていくと雪がどんどん増えてきて

17草津道路1

遂に雪の回廊の登場です

18草津道路2

19草津道路3

19草津道路a

峠にある渋ホテルは群馬と長野の県境をまたいでいることで有名ですが

駐車場が満車・・・

20渋峠ホテル

『停まれないね~』

通り過ぎて少し下の駐車場でユーターンして再チャレンジ

すると幸運にも1台の車が出ていきました

『らっきー!』

ホテルに行って『日本国道最高地点到達証明』を購入

21国道最高地点証明書

100円で買える自分へのお土産^^

雪の回廊の上に登ったりしているうちに11:00

『これからどうする?お昼どうしょう?』と私が言うと

『もう一回走りたい』とカミさん

『はい喜んで!』

ということで今きた道を引き返し再びロープウェイ乗り場へ

昼食はここのレストランで食べることになりました

24青葉山レストラン  25天然水


レストランの飲料水は天然水出しっぱなしの飲み放題!

私は幅広のひもかわうどん、 カミさんは天婦羅そば

23ひもかわうどん  22かきあげそば

再び峠を目指して上ります

『なんかもっと近いと思ってたけどけっこう距離あったんだね』

『そうですね~けっこう距離あったんですよ~』

峠を過ぎて蓮池に着いたのが13:00

26蓮池

『池にある雪が汚れていて綺麗じゃないね』

ということで琵琶池に移動すると

この池は蓮池よりかなり大きいためか雪はなく綺麗な水面を見せてくれました

26a琵琶池 琵琶池

志賀高原の宿は昨年の秋にも泊まった『ゆうリゾートホテル』

28ゆうリゾートホテル ゆうリゾートホテル

29ゆうホテル室内

前回泊まったときにホテルのまわりには食堂どころかコンビニも無かったので

夕食ナシで失敗した前回の反省から今回は夕食も付けてもらいました

30ゆう夕食1 31ゆう夕食2

32ゆう夕食3 夕食

草津に続いてここでもたっぷり温泉を楽しんだカミさんは

『満足、満足!肌がスベスベ』

33ゆう朝食  朝食

ホテルの近くでは桜やリンゴの花がまだまだ見ごろ

27蕎麦やの桜

34りんごの花

ゆっくり朝風呂を楽しんでから飯綱町にある『丹霞郷(たんかきょう)』

35丹霞郷

36丹霞郷2

37丹霞郷3

桃と菜の花そして信州の山々、売店もなにもない、ただただ景色を楽しむところです

桃の次は八重桜、千曲川の堤防沿いに延々4キロにわたって八重桜が咲き乱れています

39千曲川堤防の桜2


38千曲川堤防の桜1


八重桜も凄いけど河原のバーベキューもすごい人・人・人・・・

『昼食は小布施で栗ごはんでもたべようか?』

と小布施に行ってみたものの

『セットメニューで川魚が入ってるのしかないみたい』

『栗ご飯だけでいいんだけどね~』

40小布施1


ということでぶらぶら散策しながら行き着いたのは『蕎麦や』

41蕎麦・朝日屋  42天婦羅蕎麦



店を出たのは13:30

『そろそろ帰ろうか』

『じゃあ道の駅に寄ってから帰ろう』といつものパターン

ということで国道をしばらく走ってみたけれど

『あまり魅力ないね~』

残念ながらカミさんの希望に合うような商品は見当たらず

『もういいわ、帰ろう!』

走っていると『直虎』の幟

43堀直虎

長野県須坂に実在した『堀直虎』の没後150年でイベントが行われているようで

偶然にもゴールデンウィークは『女城主直虎』で始まり『堀直虎』で終りました。
























2017レパードS

◎ 15 タガノディグオ

JDDからの参戦が4-2-2と好成績

今年も4頭がこのローテですが最先着3着のタガノディグオから

馬連 15-2・5・6・12・14

Menu

プロフィール ▼

カレンダー ▼

最近の記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

ブログ内検索 ▼

ブロとも申請フォーム ▼